×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサードリンク

powerd by 楽市360

中性脂肪を防いでくれる飲料

最近は、中性脂肪の上昇を抑えてくれる水の「うるウォーター・オリゴペプチド」とうい飲料水がはやっていますね。うるウォーターは食後に飲むことによって読んで字のごとく中性脂肪の上昇を抑えてくれるのです。この中性脂肪を抑えてくれるといわれているうるウォーターはそんなわけあり、ジュースのような清涼飲料水にカテゴリーされているわけではなくて、保健の要素として有効になっている特定保健用食品として販売されているのです。これは厚生労働省がお腹の調子を整えるために作った食品でありそれだけ中性脂肪の増加を防いでくれるという役割も持っていることがわかるでしょう。ちなみに、「うるウォーター・オリゴペプチド」は120ml入りで30本で5800円と決して安いものではないのですが、現代人の中性脂肪の増加を防いでくれるというありがたい効用を持っているので高くはないといえるでしょう。体の調子に合わせて中性脂肪を防げるのでかなり重宝しますよ。

中性脂肪とは何か

中性脂肪は普通の体脂肪とどのように違うのかといえば、わかりやすく言えば余剰カロリーです。少しひねって言えば、お腹やお尻に付いた皮下脂肪、腹腔に蓄えられた内臓脂肪のことです。中性脂肪とは、もともと古代人が長い飢餓の時代で体の中にいかにエネルギーを残すかが勝負となる時代で、生き延びるために必要なものが中性脂肪だったのです。また、体外からの衝撃を抑え、体温を維持するという重要な働きを持っています。ん現代では昔ほど自分のエネルギーを使うことはなく、車やエスカレーターによって逆にエネルギー使用を抑えるという動きになっています。なので、中性脂肪とただ言っても普通の脂肪となんら変わりないといえるでしょう。なので、中性脂肪を減らすには食べ過ぎや飲みすぎ、運動不足を解消するという最もわかりやすいことが大事になってくるのです。一番、中性脂肪を減らすための端的な指標としては、体重を減らすことだと思います。

スポンサードリンク

powerd by 楽市360

中性脂肪を下げるには

中性脂肪を下げるために基本となることはやはり食事です。私の家庭では、みな中性脂肪が低いのですが調理に油はほとんど使いません。素材から出る油をそのまま使っているのです。例えば、牛肉や魚などを調理に使うならばその脂身から出る油だけで十分だといえるでしょう。無理に、中性脂肪が気になるからと言って健康的な油のエコナなどを使う必要はないのです。家では、牛肉は週に一度しか購入することはないですし、魚料理がメインになっています。また、天ぷらとかから揚げなどはあまり食べた記憶がありませんし魚や鶏肉などの料理も油をひいてないので、皮ごとまるごと食べたとしても全く問題ないですね。中性脂肪にきくような基本的な食事としては、やはりご飯や味噌汁になりますね。この基本のご飯と味噌汁を食べることによってほとんど問題なく中性脂肪はやり過ごせますし、スイーツとしてはドーナツでなくフルーツは毎日必ず食べるようにするといいでしょう。

Copyright © 2007 中性脂肪